ROLEブログ

海老名コワーキングスペース ROLEの公式ブログです。ROLE開催のイベントレポートや、コワーキングする上での役立つ情報、色々な働き方などをお届けします。

新着情報

タグ

2019年10月24日

【イベントレポート】ビジネスカレッジ『デジタル農(脳)業』を開催しました!

1 Star 11
読み込み中...
1 Star 11
読み込み中...

10月16日(水)に、第13回ROLEビジネスカレッジ『デジタル農(脳)業』を開催しましたので、イベントの様子をレポートします。

▼目次

    1. 1.ROLEビジネスカレッジとは
    2. 2.リコー経済社会研究所とは?
    3. 3.デジタル農(脳)業について
    4. 4.今後のROLEイベントのご案内

 

1.ROLEビジネスカレッジとは

ROLEビジネスカレッジは、時代・業界のトレンドを知り、ROLEに集う参加者同士で共有しながら新たな発見や学びを得ていただくイベントです。
これまで【世界の経済動向】【中国ビジネス】【EV(電気自動車)】【地方創生】
デンマークの働き方と学び】【ネットメディア】【出版】【経済】【ビックデータ】【環境ビジネス】などのテーマで実施しています。
第13回目となる今回は、ビジネスカレッジでは「デジタル農業」について開催しました。

2.リコー経済社会研究所とは?

リコー経済社会研究所は2010年4月に設立されました。激動するグローバル経済や社会構造の未来を予測しながら、幅広い分野にわたる課題や事象を対象とした調査・研究を行う「シンクタンク機能」のほか、その成果を基にリコー経営課題の解決や企業戦略について、経営陣に対して専門家の立場で提案・助言などを行う「アドバイザリー機能」があり、企業活動をサポートしています。
今回は研究開発本部にて会議システムの研究や研究企画、IoTを利用した物流システムなどの研究に従事してこられた、新西誠人研究員からお話をいただきました。

3.デジタル農(脳)業について

現在農業に関わられていらっしゃる方も含め、テーマに関心がある方に多数ご参加いただき、満員御礼での開催です。

今回のテーマ「デジタル農業」について、今後も世界人口の増加が見込まれる中、食料需要を満たすために、現在農業の分野で起きていることを、以下の4つの章立てで説明をしていただきました。

■ 世界の農業の現状
■ 日本の農業の現状
■ デジタル農業が日本を救う
■ 大企業製造業の参入

世界的に農業にデジタル技術が取り込まれ、サブタイトルの=「馬からトラクター」に匹敵する技術革新=と言えるほど、生産性向上に繋がるデジタル技術/製品が生まれてきているとのこと。センサーや画像技術によって単位面積当たりの生産量を増やしたり、日本でもドローンやロボットを使って農作業を省力化する技術、ITによる生産管理などが実用化されている例など、とても興味深い内容でした。

参加者の方からも、

・これらの技術が普及する見込みや、今後の動向は?
・デジタル化に必要な農業のナレッジデータはどこまで共有されているのか?
・日本で農業の担い手の高齢化が進んでいる課題に対して、デジタル技術がどう解決できるのか?
・食の安全や安心に繋がる研究を・・

など、時間一杯まで活発に質問、意見が交わされました。

 

農業とデジタル技術の融合と、その可能性について、関心がとても高いことを表しているようです。

最後に、参加者の皆さん、講師、スタッフで集合写真の撮影を行いました。

終了後に参加者の方同士、講師の方との名刺交換がされ、盛況のうちにイベントを終了しました。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

4.今後のROLEイベントのご案内

次回のビジネスカレッジは12月を予定しております。
HP等でまたお知らせ致しますので、次回のご参加もお待ちしております。

ROLEでは現在以下のイベントの参加者を募集中です。

 

11/14(木) 技術交流会vol.10

◆ROLE Information ◆予約はこちらからどうぞ!◆

< 前の記事へ 次の記事へ >

新着情報