コサイエブログ

コサイエでの日々の生活やプログラム、学びに関する情報をお伝えします。

新着情報

2016年2月29日

【イベントレポート】江戸時代から現代の計算機まで、触って、使って、作ってみよう計算の不思議

1 Star 0
読み込み中...
2016年2月29日 カテゴリー:レポート
1 Star 0
読み込み中...

アクティブラーニングのコサイエ、マネージャーの寺尾です。

 

今回は、先日行われた、算数が楽しくなるようなイベントのレポートをしたいと思います。

 

講師はコサイエではおなじみ、ドクターアキヤマです。

東海大学の教授で、コサイエではいつも化学実験で子どもたちを楽しませてくれている大人気講師です。

 

実はそのドクターアキヤマ、専門は算数(数学)なんですって。

また、知る人ぞ知る、有名計算機コレクターで、ラジオやテレビ出演、果ては計算機の本まで出版されています。

 

今回は、その秘蔵のコレクションを惜しげなく持ってきてくれました!

 

thumb_IMG_0755_1024

 

 

まずは江戸時代のそろばんで計算勝負です。

江戸時代のそろばんは16進法だったんですって。知ってましたか?

 

2

 

 

昔は、結婚の記念品として、そろばんが贈られていたそうな。

みんな商売人になってそろばんを使っていたので、

自分のそろばんを持って一人前と認められた証とのこと。

 

時代の違いに子どもたちは興味津々。

「へ〜」「なるほど〜」なんて声が聞こえてきました。

 

3

 

 

お次は、手動計算機の登場。

 

4

 

これだけで四則演算が出来てしまうんです。

 

5

 

足される数字を入れて、足す数字をセットし、

 

6

 

取っ手を回すとアラ不思議。足し算が完了しているんです。

引き算は回す方向が逆になります。

 

それでは掛け算と割り算は???

7

 

考えてみてください(笑)

 

ドクターアキヤマによると、この時代、この計算機を回す仕事があったとのこと。

カメラのレンズ(光の計算)や軍需産業では、ダーーーーっと一列に何十人も並んで回していたんですって。

時代と共に仕事が変わっていく、なんて話も子どもたちにしました。

 

文字通り、身体を使って算数を体感した子どもたち。

ここからはドクターアキヤマコレクションのおもしろ計算機シリーズです。

 

8

 

9

 

10

 

 

この後にはドクターアキヤマからの嬉しいサプライズが!!

詳しくは・・・サプライズなんで、ここでは言えません!

 

最後にはドクターアキヤマ著書の贈呈もありました。

サインを求めて群がる子どもたち。

11

 

 

いかがでしたでしょうか?

簡単ですがイベントの一部をご紹介させていただきました。

 

コサイエでは子どもの興味を引き出すアクティブラーニングの手法で

なかなか体験できない楽しく学びになるようなプログラムを沢山ご用意しています。

 

ぜひ一度遊びに来てください!

 


❏コサイエの人気講座の体験教室やってます☆
入会前にまずはコサイエを体験したい!という方は、どしどしお申し込みください。

コサイエ体験教室はこちら

 

❏FBページやってます

https://www.facebook.com/coscie/

< 前の記事へ 次の記事へ >

新着情報