コサイエブログ

コサイエでの日々の生活やプログラム、学びに関する情報をお伝えします。

新着情報

2019年8月29日

【イベント報告】サイエンスサマー

1 Star 2
読み込み中...
2019年8月29日 カテゴリー:GEMS / イベント報告 / レポート
1 Star 2
読み込み中...

こんにちは!コサイエの安達です。

まだまだ暑い日がつづきますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

コサイエでは先日の8月24日()~25日()に

サイエンスサマー ~未来の科学者育成プログラム~ を開催いたしました。

 

7月に開催した際も大好評のイベントです!

※前回のブログはこちらから→ https://ricohfuturehouse.jp/3fblog/?p=5336

 

◆1日目【コーラの科学】

このカリキュラムでは、味覚や視覚、嗅覚といった自らの五感を使いながらコーラに含まれる”味の属性”について分析をしていきます。砂糖水とコーラを飲み比べながら、コーラの甘さを入れる砂糖の量で測ったり酸っぱさや匂いの属性がどんな素材で作ることが出来るのかお子様たちは何度も本物のコーラと自分の作ったコーラを飲み比べて近づけていきます。”コーラの味”ってどんな属性が含まれているのでしょうか?

使う素材がどんな”味の属性”を持っているのか実際に口にして調べていきます。甘い?苦い?それとも酸っぱいかな?

味見をしたライムの果汁の余りの酸っぱさにこの表情。レモンよりもずっと酸っぱいことが分かりました。

実際に自分たちの舌で確かめることで「ライムにちょっとだけ甘みを感じたからこの甘みを使ってコーラに近づけたい!」「ちょっと苦みが欲しいからバニラエッセンスを入れようかな?」と何のためにどんな素材を入れるのか計画を立てながらオリジナルコーラを作ることが出来ました。

 

 

◆2日目【チョコレートの科学】

初日で培った”味の属性”の感覚を活かし、チョコレートについて分析していきます。お子様たちは味以外にも食感や見た目、舌触りといった”様々な属性”が美味しさに関わってくることに着目をして、”究極のチョコレート”作りにチャレンジします。より美味しいチョコレートを作るために、チョコレートの中に含まれる分子結晶を温度によって変化させる”テンパリング”という技術を使って科学的に探究していきます。「あったかくしたらチョコが溶けるだけじゃない?」とお子様たちは疑い気味に実験に取り組んでいきます。

↑色々なチョコレートを食べ比べ!カカオ100%のチョコレートは苦くて酸っぱくて、お子様たちは何とも言えない表情をしていました。

↑「なんか変わってきた!」温度でチョコレートが変化していく様子に大興奮!見た目のツヤや粘り気がどんどん変わっていきます。

↑「本当に味が変わってる!ウマー!!」初めはテンパリングについて疑っていたお子様たちも実際に食べ比べてみることで味の違いに気づきました。

 

“究極のチョコレート”作りをする際には、『誰のために作るのか』『どんな味にしたいのか』といったアドバイスを基に使う材料の組み合わせを考えました。

「お父さんが苦いの好きだから・・・」とカカオ100%のチョコレートを大量に混ぜたり、「苦くない様にしてあげたい」と逆にホワイトチョコレートで包んであげたりとオリジナルチョコレートを作るお子様・食べて貰いたい相手によって様々な”究極のチョコレート”が完成しました。

 

7、8月のイベントの両方で「楽しかった!」「またやってみたい!」と参加した方々からは嬉しいお声を多数頂きました。今後もコサイエ科学実験教室では皆様が普段体験出来ない科学イベントを提供していきます。

次の機会には皆様のご参加も是非お待ちしております!

< 前の記事へ 次の記事へ >

新着情報