コサイエブログ

コサイエでの日々の生活やプログラム、学びに関する情報をお伝えします。

新着情報

2019年2月18日

【アフタースクール】コサイエ展覧会

1 Star 3
読み込み中...
2019年2月18日 カテゴリー:イベント報告 / ラウンジ
1 Star 3
読み込み中...

こんにちは、コサイエスタッフです。

2月9日にアフタースクールの子ども達によるコサイエ展覧会が行われました。

 

コサイエ展覧会とは、コサイエにある700冊以上ある本の中から

一冊を選び、本の内容を知らない人へ向けてその本の素晴らしさや

好きなところ等を各々が得意とする手法で紹介するというものです。

 

昨年12月中旬に展覧会の趣旨を子ども達に説明し、準備開始!

自分の得意とする手法とは何か、どの場面をどんな材料で表現するか等を考え、

年明けから企画書を作成するところから始まりました。

来所日数や普段のプログラム、習い事等がある中で1月末の締切日に向けて

どの位のペースで作業を進めるのかも子ども達と一緒に考えました。

工作・絵・作文・プログラミングなど、思い思いの手法で楽しみながら

時に悩みながら一生懸命取り組んでいました。

作業を進める中で「もっとこうしよう!」と沢山の子が閃きを発揮していました。

中にはお迎えの時間を遅くしてもらうよう自分で交渉し、作業に取り組んでいた子もいました。

自由な発想を持って表現して欲しいというスタッフの思いから

今回スタッフのサポートは最小限で「自分で考え自分で取り組む」ことに重きを置きました。

展覧会前日、個性溢れる作品が並び「この作品凄いね!」や

「お母さん達に当ててもらえるかな?」と子ども達同士で話し合っていた姿も多く見られました。

 

そして展覧会当日。

雪予報により非常に寒かったのですが、100人以上の方々がご来場して下さいました。

 

今回の作品展示方法は無記名となっているので、お子様の作品がどれなのか、

みなさん頭を悩ませていました。

 

ヒントとして

「いまハマっているものは?」「我が家の味といえば?」

などの質問に答えた用紙を作品の横に添えましたが

「うちの子こんなに上手に漢字が書けたっけ?」

「好きな食べ物ってこれだっけ?」と意外にもさらに悩んでしまう保護者の方も。

そんなお父さん・お母さんの様子を子ども達はニコニコ

わくわくした表情で見ていたのがとても印象的です。

子ども達は作品の内容についてはずっと秘密にしていたので

工夫した点や楽しかった点などを嬉しそうに話していました。

 

 

 

その他にも、自分の展示品だけでなく来場した方が楽しめるようにと

遊べる工作を作ってくれた子もいました。

 

悩んでいる顔、わくわくしている顔、正解したときの嬉しそうな顔

お子さんの新たな一面を見て驚いた顔、達成感を感じる顔。

子ども達や保護者の方々のたくさんの表情、そして笑い声が

溢れる展覧会となりました。

 

初のコサイエ展覧会。大成功です!

< 前の記事へ 次の記事へ >

新着情報