コサイエブログ

コサイエでの日々の生活やプログラム、学びに関する情報をお伝えします。

新着情報

2018年6月7日

いまさら聞けない!?「プログラミング教育」必修化

1 Star 9
Loading...
2018年6月7日 カテゴリー:スタッフコラム
1 Star 9
Loading...

2020年から小学校で必修化となった「プログラミング教育」。

結局何を教わるの?と頭を悩ませる保護者の方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな疑問に答えるべく、改めてプログラミング教育についてまとめました。

 

 

なぜ今「プログラミング教育」なのか?

そもそもなぜこのタイミングで「プログラミング教育」が導入されるのでしょうか?

その背景には、今後の社会で子どもたちに求められる能力とは何かという考えがあります。

もっと具体的にいうと、AIやロボットが人に代わって機械を自動制御していく

第四次産業革命において、さらにはその先の予測困難な社会において、

普遍的に求められる能力を育成することが目的とされています。

 

確かに今までの歴史を振り返ってみると、第一次産業革命では蒸気が登場し”動力”が、

第二次産業革命においては電気と石油によって”大量生産”が、

第三次産業革命でコンピュータが行う”自動化”という変革がありました。

そしてそれぞれの産業革命において職業や必要とされる能力が少なからず変化し

我々に影響してきてました。

今現在進行形で起きている、そして今後また新たに起こるであろう産業革命でも同じようなことが

想定されるというのは容易に想像し得ることではないでしょうか。

それを踏まえ、時代に見合った能力の習得を小学校の教育現場に取り入れるというのが

今回の教育革命の根本にあると思います。

 

「プログラミング」という教科ができる !?

では、ここからは具体的なその内容ですが、

まず整理したいのが「プログラミング」という教科ができるのかという点。

文部科学省の報告書では「プログラミング教育を行う単元を各学校が適切に位置づけし、

実施することが効果的である」とあります。

この内容だけではわかりにくいですが、プログラミング教育の位置づけは各学校の判断により、

さらに言うのであればプログラミングは特定の教科にはならず、

それ単体で成績評価をつけるものでもないというのが結論だそうです。

あくまでも「プログラミング」という教科を設置するのではなく、

その要素を教育過程縦断的に取り入れていくというのが、文部科学省の狙いだそうです。

 

「プログラミング教育」で学ぶのは「プログラミング的思考」

次に、「プログラミング教育」と聞いてプログラミング言語を勉強したり、

パソコンにかじりついてソフトを作ったりするの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、

文部科学省が掲げている「プログラミング教育」とは、

「時代や職業を超え普遍的に求められる『プログラミング的思考力』」。

これこそが今回新たに導入される「プログラミング教育」の核です。

 

文科省の報告書から言葉を引用すると「プログラミング的思考力」とは、

「一つ一つの動きに対応した記号をどのように組み合わせるのか、

組み合わせをどのように改善すればより良くなるか、を論理的に考える力」

またその態度を身につけること。

大きく言ってしまえば、目的に向けてどのように辿り着くか筋道を立てて考える力をつけること、

それがプログラミング教育の目的となるようです。

 

実際に授業ではどのようなことをやるのか?

では、実際に子どもたちは学校ではどのようなことを学ぶのでしょうか?

以下は、文科省の報告書からの抜粋です。

 

・子供たちが、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験すること

・身近な生活でコンピュータが活用されていることに気づくこと

・問題の解決には必要な手順があることに気付くこと

・各教科等で育まれる思考力を基盤としながら基礎的な「プログラミング的思考」を身に付けること

・コンピュータの働きを自分の生活に生かそうとする態度を身に付けること

 

こうしてみると、従来の小学校教育の内容からそこまでかけ離れたものではありませんよね。

実際に授業で取り組む際はロボットを動かしたりコンピュータでゲームを作る以外にも、

カードゲームなどを用いるアンプラグドの方法であったり、

算数、理科、音楽など既存の授業に取り入れて行うことが想定されているようです。

 

「プログラミング教育」とはこれから必要となる思考力を育むこと

「プログラミング的思考」は何もプログラミングを作る際にだけ活用できる能力ではありません。

「プログラミング的思考」はいわば論理的思考です。

目の前にある問題をシンプルに捉え、どのように解決していくかを考える力でもあります。

今後必要とされる能力であるとともに、我々の普段の生活を良くする思考力でもあります。

 

実際には始まってみるまでどのような内容で行われるかわかりません。

学校によってもやり方が異なるので、お子さんの学校ではどのようなものになるか気になりますね。

 

コサイエではかねてよりプログラミング学習を提供しています。

プログラミング教育で分からないことお困りのことがありましたらいつでもお尋ねください!

 

参考URL:

文部科学省「教育の情報化の推進」ページ

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1375607.htm

< 前の記事へ 次の記事へ >

新着情報