• セミナー
  • 食と農
  • 有料

プレミアムフライデー・スペシャル企画 コエドビールがやってきた!

2017年5月25日(木)

募集終了

  • 日程:2017年5月26日(金) 19時00分 ~ 20時30分
  • 定員:20名
  • 対象:クラフトビールが気になる人。(未成年者・自動車を運転される方は参加できません)
  • 講師・ゲスト:朝霧重治
  • 料金: 大人3,000円、小人0円

今回は埼玉県からコエドビールの登場です

「神奈川ブルワリーズ」と題して、地元・神奈川県のブルワリーを取り上げてきたRICOH Future Houseが、なぜコエドビールをお迎えしてイベントを行うのか。それには、実は訳があります......。
日本のクラフトビール界の代表的ブルワリーであることはもちろんなのですが、実はこの企画を主催しているリコーという会社と浅からぬ縁があってのことなのです。その辺の謎はぜひ参加してビールの味わいとともに確かめてみてください。

★お得なお知らせ プレ金はしご割★
当日、このイベントの前の時間(17:30-19:00)にRICOH Future House 4階のコワーキングスペースROLE開催される「海老名でプレミアムなクラウドファンディング交流会」にもご参加の方は、レシートご提示でこちらのイベントに特別に500円引きでご参加いただけます!

※企画協力:「ビールと、好奇心。」https://www.facebook.com/beerkokishin/

※主催/会場:RICOH Future House
「RICOH Future House(リコー フューチャーハウス)」は神奈川県の海老名市に2015年8月にオープンした4階建の大きな家です。
人々が集い、ここで学び、成長していく。そして、成長した人が未来を創造していく。そんな場でありたいと考えています。
RICOH Future Houseは、みなさんと協力しながら、明るい未来に向かうためのアイデアをひらめき、
ここ海老名から新たなモノ・コトを作り出していくための施設です。

講師・ゲスト

株式会社協同商事 コエドブルワリー 代表取締役社長

朝霧重治

埼玉県川越市生まれ。Beer Beautifulをコンセプトとする日本のクラフトビール「COEDO」のファウンダー・CEO。川越産のサツマイモから製造した「紅赤-Beniaka-」を筆頭に、日本の職人達による細やかなものづくりと『ビールを自由に選ぶ』というビール本来の豊かな味わいの魅力をクラフトビール「COEDO」を通じて、武蔵野の農業の魅力とともに発信し、品質やブランドデザインに世界的な評価を受けている。ビールは現在、アメリカ、オーストラリア、中国、シンガポール、フランス、イギリス等各国に輸出されており、Globalな視点での活動も進めている。

概要

タイトル プレミアムフライデー・スペシャル企画 コエドビールがやってきた!
日時 2017年5月26日(金) 19時00分 ~ 20時30分
場所 2階 RICOH Future Hall ホール2
対象 クラフトビールが気になる人。(未成年者・自動車を運転される方は参加できません)
定員 20名
申し込み締め切り 2017年5月25日(木)
料金 大人3,000円、小人0円
講師・ゲスト 朝霧重治
主催 RICOH Future House
お問い合わせ rfh-futurehall@nts.ricoh.co.jp
備考

募集終了

  • 日程:2017年5月26日(金) 19時00分 ~ 20時30分
  • 定員:20名
  • 対象:クラフトビールが気になる人。(未成年者・自動車を運転される方は参加できません)
  • 講師・ゲスト:朝霧重治
  • 料金: 大人3,000円、小人0円

関連するイベント・プログラム

イベント・プログラム一覧